HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

自分の中に落とし込む作業の大切さを、体感として学ぶ機会でした。【レジリエンスコース養成感想】

【HMレジリエンスコーチ養成コース2期第3講 感想⑧】

【体育教師・学年主任Sm先生(大阪)の感想と気づき】

 

   

 

毎回、課題に苦しみますが、今回も提出までにかなり苦しみました。

 

本質を理解するとは、こんなにも難しいことなのかと改めて感じ、何回もテキストを見直しました。

 

課題がなければ、これほどまでに学びが深まることはなかったと思います。

 

自分の中に落とし込む作業の大切さを、体感として学ぶ機会を与えてくださったことに感謝しています。

 

模擬授業では、色々なパターンの授業を見ることができ、勉強になりました。

 

どうすれば伝わりやすいのか、また、逆に伝わりにくいのかを知ることができました。

 

頭では理解できていても、伝わるように伝えることは容易ではなく、

 

やはり本質を理解することが必要だと思いました。

 

授業をして気づいたことは、私はこれまでの生徒との関わりの中で、授業者として生徒に育ててもらっていたこと。

 

私にとっては、自然とできていることが、授業経験の少ない先生方にとっては難しかったのだと思います。

 

私はうまくいかない授業を積み重ねる中で、今のスタイルができるようになりました。

 

今でも、うまくいかないことはありますが、その失敗経験からの学びが大事なのだと改めて思います。

 

失敗から学び、成長していけるよう、日々の授業を振り返りたいと思います。

 

みなさんの指導案を拝見し、自分にはない視点や発想があり、参考になりました。

 

共に学ぶことができる仲間がいることは、とても有難いことです。

 

仲間と話をする中で、再度基本的なことを確認でき、

 

自分の視点だけでなく他者の視点での意見は必要だと感じました。

 

姫先生がコンサルを受けていることの必要性がわかりました。

 

私も姫先生のように常に向上心を持ち、学び続けたいと思います。

 

先生、みなさんとだからこそ生まれる学びや気づきに感謝しています。ありがとうございます。

TO TOP