HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

養護教諭として子どもたちに伝えたいことはたくさんあるのに・・・【レジリエンスコース感想】

【HMレジリエンスコーチ養成コース2期第3講 感想⑫】

【養護教諭 H先生(山梨県)の感想と気づき】

 

  

 

本当は性教育の指導案をいちから作って持って行こうと意気込んでいたのですが,

 

結局まとまらずに,授業実践をしたものを形式に合わせて出してしまいました。

 

その時点で失格だったのかもしれません。

 

覚悟が足りなかったと思います。

 

そんな私ですが今回とても強く感じたことは,

 

養護教諭として子どもたちに伝えたいことはたくさんあるのに,こんなにも自分の伝え方が伝わらないということに気付きかされたことです。

 

今更ながらあせりさえ感じました。

 

保健指導や授業だけでなく,執務を円滑に行う上でも日常的に重要な資質でもあるのに,

 

今まで自分の思いだけで何となく過ごして来てしまった。

 

自己満足で終わっていたことを改めて実感しました。

 

伝えたい目標をしっかり持つこと,そしてそれを伝わる方法でシンプルに伝えること,わかっていたはず?

 

なのに,本当のところわかっていなかったのだと思います。

 

経験や失敗をたくさんすることももちろん必要だけれども,

 

実験台になった子どもたちは,可愛そうですよね。

 

洗練した内容で,しかも自分らしさが出せる伝え方が出来たらどんなにいいか・・・。

 

3講では,そのポイントや方法のヒントをたくさん観たり,肌で感じたりすることができました。

 

もっと自分の中にある抽象的な事を具体的にチャンクダウンするクセを付けること,

 

日々あらゆる場面で意識していこうと思います。

TO TOP