HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

自分の中で咀嚼し理解したものでないと相手には伝わらない【レジリエンスコース感想】

【HMレジリエンスコーチ養成コース2期第3講 感想⑪】

【養護教諭 Ny先生(長野県)の感想と気づき】

 

 

私にとって第2講は、頭の中が全然回らず、言葉が出てこない状態でした。

 

それで、宿題の指導案を作成する前に、に2講の宿題の②と③の言葉の意味について見返してみました。

 

自分の言葉で伝えるには、学んだことをもう一度自分の中で咀嚼し理解したものでないと相手には伝わらないのだとつくづく感じました。

 

なんとなくわかっていたつもりでいたのだと思います。

 

それと、学んだことを誰かに言葉に出して伝えるということも大事なんだと感じました。

 

また、指導案を考えているとき、子ども達の様子を見て「自信を持つ」ということをねらいにしたのに、

 

実は自分に向けて作っているのではないかと思いました。自分も納得できる指導案を、「伝える」ということを意識して考え直してみます。

 

 

TO TOP