HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

児童は見抜く

【HMレジリエンスコーチ養成コース2期第2講 感想㉖】 

 O2先生(愛知県・養護教諭)

 

  

 

 

改めて宿題や講義でどう思ったか、考えた。

 

まず、宿題。すらすら出るものと、でてこないものがある。

 

もう一度調べたり、もやもやしてるもの、映像で覚えているものを、一生懸命言葉にしてみた。凄い産みの苦しみ。

 

やっと言葉にできた。

 

でも、もっと深められる。なんか少しずれてる気がするものもある。

 

人の説明を聞くと胸にあるものとぴったりの言葉。

 

今までどうしてしゃべってきたのか?

 

借り物だったのか?反射的に知識だけをしゃべる気がする。

 

児童には、やっと言葉にしたものだけしか、自分のものなっていないから伝わらない。

 

児童は見抜く。

 

今回の宿題で前よりやっと府に落ちて、言葉が広がった感じがした。

 

新しくワークでやった「子供たちがなにを勘違いしてるか」シリーズ。

 

x=yが一杯あるのは、私だった。

 

凄くおもいついた。

 

似てるけど違うものは、全然思いつかなかった。

 

人と話すのは、とても大切。人としゃべるから、発見と理解が深まりことばになった。

 

でも、まだ、足りない。

 

傍らに置いていつも考えていたい。私が生きていくのに、必要なことだから。

 

元々、学んだのは、自分のためだった。

 

自分の生きづらさをなんとかしたかったから、学んだ。

 

児童のために、仕事に生かすためには二番目。自分のために学び直している。

 

そして伝えたいと思っている。

TO TOP