HOME > 活用事例/受講感想

丁寧に心と身体で感じて、言葉で表現し、自分大好き、自己信頼を深めたい

【ハートマッスルレジリエンスコーチ養成第2期 第1講の感想㉔】

 

 

 

 

 

名古屋からの新幹線で直後に感じたことを書き出していたのですが…。

 

さて、いざ書き始めると頭が混乱して、思いや気づきがあちこち巡り、

 

自分の感想、気づきは一体なあに?

 

とますます分からなくなり、感想締切が迫れば迫るほど、

 

みなさんの感想がアップされる度に、だんだん逃げ腰になっていました。

 

これもまさにこれまでの私だなと感じました。

 

ベーシックからずっと、自分の思い(想い)が書けない、出せない、出してない、分からない、

 

そして最後は、なんとなく表現してしまうという私のパターン、

 

何度も気づき、受け入れ、宣言してきたのですが、

 

今回もやっぱり出てきてしまいました。

 

自分の思いを表現するとき、相手を意識した表現、よりよい表現をしたいということが優先され、

 

クレーム対応のワークでは、

 

言葉と視線がかみ合ってないなので気持ちがさらにヒートアップしたとズバリ言われ、

 

感想書きでは、何日も悩み、

 

結局分からなくなりあきらめようかなと逃げ腰…。

 

悩みの日々でしたが、今日ようやく自分気づきが、一つありました。

 

自分の思いを表現しない癖、自分の思いはとっさにどこかに消えるパターン(これは体の記憶で、無意識で瞬時にできます)で、

 

ほぼほぼこれで生きてきたので、本当の思いや気持ちは奥深いところに潜りこんでいる、

 

これを一つでも発掘して、気づき、そして「表現する・しない」を決めて、日々過ごしたいと思いました。

 

 

明確な、具体的な目的は言葉として出てきませんが、脳と心と体が一致した自分を体験し

 

獲得したいと思います。真似っ子の自分と○○のふりの私、そして本来の自分(裏の想い)、

 

丁寧に心と身体で感じて、言葉で表現し、自分大好き、自己信頼を深めたいと思います。

 

すぐに、簡単に、いつもの私に戻る!のですが、

 

ここも大切なステップと受けとめて、何度も繰り返していきたいと思います。

 

 

TO TOP