HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 講演・研修事業

生きる力とは強さではなくしなやかさとわかりました。(保護者向け講演)

7月にお邪魔した北海道の公立中学校出のPTAの講演感想です。

研修テーマ:生きる力を育て、能力を高めるための大人のスタンス

 

【研修後のアンケートと感想】

Q1 今回の研修は有意義でしたか

 

4 とても思う … 20   3 まあまあ … 2   2 あまり思わない … 0

1 思わない … 0  無回答 … 0

 

<自由記述の感想>

 

・知らなかったことが沢山あり子どもへもっと愛情の言葉を伝えようと思いました。人格と行動は違うということが勉強になりました。叱るときは気をつけようと思いました。

 

・「生きる力」とよく聞き、自分でもよく使う言葉ですが「強さ」ではなく「しなやかさ」という事に納得です。いろいろ反省もありますが、子どもと一緒に考え力をつけていきたいと思いました。

 

・子どもを怒るというのは凄くエネルギーを使う。これからは子どもを叱るに自分自身、感情を整えていきたい。なんで?なんで?の答えを求めていた自分、今回の講座で気づく事ができ“お母さんが幸せになる事”その通りだと思いました。とても参考になりました。

 

 

・子どもの為に何ができるか…を教わるつもりが、気づけば自分の為にもプラスになる内容でした。1番最後のお母さんがまず幸せになって下さいという内容が一番難しい課題だなと思いました。

 

 

・頭ではわかっていても行動できない事、よくわかります。その時の声掛け、質問の仕方でその焦点のあたり方が変わり、自分の意識も変化する…なるほどと思いました。少しずつでもすぐに生活に取り入れていこうと思いました。

 

子どもへの言葉かけの大事なことを教えてもらえました。父親にも伝えていきたいです。

 

・脳科学、コーチング、現代の科学に基づいた子どもへの関わりがよくわかりました。ありがとうございました。

 

・とても楽しいお話が聞けました。子どもに対していいイメージをもてる言葉かけなど具体的に事例など聞けて良かったです。早速、実践してみます。

 

・わかってはいても、たまに聞いて確認しないと忘れてしまうので。そして、わかってはいてもなかなかスマートに実行するのはむずかしいですね。

 

・身近にある話ばかりで、自分にあてはめる事が沢山出来たので。考え方→対応で、変われるんだなぁーと。発達障害と悩んでいて、そんな対応を子どもにしていたのでは?と反省です。今は心配していますが見守っています。

 

・普段、先回り、怒ることしかしていなかったので反省しきりです。コーチングはただ肯定的な言葉掛けをすれば良いと思っていましたがNLP心理学にはとても納得、腑に落ちる場面ばかりでした。明日といわず、今晩から子どもへの声掛けに少しずつ加えたいと思います。

 

・気づいたことが多かった。

 

・改めて子どもへの言葉の掛け方の見直しができました。

 

 

・とてもためになり、うなずくことばかりでした。何となく頭の中ではわかっていることでも、点と点が線でつながったような感覚でした。本当にありがとうございました。

 

 

・自分でも気づいていない事があり(良くない点で)あーそうかと納得する事があった。

 

・とても為になりました。子どもとの接し方や声掛けによって、無意識に働きかけ子どもの良い面を引き出して肯定感を引き出すことが出来ることがわかった。

 

・心の中で思っていることは表面に現われると言われていたので、気をつけていましたが、良い質問をするという方法を具体的に知れて有意義でした。また、繰り返しあるということがわかり心が軽くなりました。

 

・今までの自分の発言を反省し、改めていきたいと思いました。

 

・実践してみようと思った。

 

 

・「なんで…」「なんで…」とつい言ってしまっている自分を反省しました。焦点を変えることで見えてくることが変わること、早速実践したいと思います。有意義な講演に参加させて頂きありがとうございました。

 

・子どもに注意する時に対応が参考になりました。

 

 

TO TOP