HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

頭の中で思った考えを言葉や文にすることの難しさを感じました

【ハートマッスルレジリエンスコーチ養成第2期 第1講の感想②】

 

今回の講座で感じたことは、大きくは次の2つです。

 

1つは、自分の状態管理についてのこと。もう一つは、考えを文字や言葉にすることの難しさです。

 

状態管理については、

 

私はまず人のことを受け入れ、人の言葉や表情、

 

考えやその裏にあるだろう気持ちに左右されていること、

 

自分がやろうとすることが、

 

人のことを先に考え思うようにできていないということにつながっているということを感じました。

 

状態管理をするためのヒントを今までの講座で、

 

ワークを通して考えてきましたが、

 

どうしても状態管理がうまくいかないなということを今まで思ってきました。

 

そして、その思いは、自分がダメで何事もできない人間なのだと

 

自分自身のことを決めてしまっていました。

 

そのことが、自分の問題の1つなのだということを感じ、

 

これからこの講座を通して、学んでいくことになるだろうということを思いました。

 

このことは、日頃家族からも言われていることでした。

 

「人のことはどうでもいいから、やりたいようにやればいい。」と

 

特に夫は私に言います。

 

私のこれからの生き方を大きくかえることかもしれないと思いました。

 

頭の中で思った考えを言葉や文字すすることの難しさでは、

 

考えを文字にするとニュアンスが変わってしまいました。

 

さらに、それを言葉にするとしっくりいかず、

 

言葉を言い直していくうちに、自分の思考のクセ?が加わり、

 

ますますわかりにくく、しかも伝わらないものになっていきました。

 

これからの講座で、そのことをどのようにして伝わりやすい話し方を学べるのか楽しみです。

TO TOP