HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

ハートマッスルレジリエンスコーチ養成コース1期 第2講 感想⑤

レジリエンスコーチ養成コース第2講 感想第5弾 です。

 

   

 

第2講感想①  http://heart-muscle.com/attendance_comment/reji20161218-1/

第2講感想②  http://heart-muscle.com/attendance_comment/20170127/

第2講感想③  http://heart-muscle.com/attendance_comment/20170117reji2kaousu3/

第2講感想④  http://heart-muscle.com/attendance_comment/reji2kansou4/

 

 

S先生(体育教師・学年主任・大阪から参加)

 

この2日間は脳をフル活用したので、かなり疲れました。

 

伝わるように伝えることの難しさ、そして、自分が理解できていないことを痛感しました。

 

45秒で説明するという課題は、思っていた以上に難しく、

 

自分が理解できていないことは相手に伝えることができないということがわかった良い経験をさせていただきました。

 

自分一人では、あそこまで深く考えることはできなかったと思うので、

 

班のメンバーと共に苦しみながら考えることができたことに感謝しています。

 

自分以外のたくさんの視点に気づきをいただきました。

 

仲間と共に学ぶことの楽しさ、仲間がいるから頑張れるという気持ちを改めて感じた二日間でした。

 

姫先生、レジリエンスの仲間のみなさん、濃い2日間をありがとうございました。

 

M先生(養護教諭・山口県から参加)

 

昨日の宿題1の想いの源泉の方は一週間ぐらいかけていろいろなテンションの高さがあったりして書けるところから書いたのですが、

 

やっぱり一貫して自分に蓋をしていることや遠慮して日々過ごしていることにまたまた気がつきました。

 

堂々巡りしている私ですが、これからの学びで準備していきたいと再確認できました。

 

また宿題2ではコーチング用語を小学生にも分かりやすく説明することの難しさを感じました。

 

日頃の小学生との関わりをイメージしながら、シンプルな言葉でって深く学び理解していないとできないことですね。

 

明日からすぐに実践できる学びのまとめができました。

 

1月が楽しみです。宿題と奮闘してみます。

 

 

Z先生(小学校養護教諭・愛知県から参加)

 

今回のレジリエンス講座、しんどかった!

 

そして自分に向き合った?

 

やはり、一般化や歪曲は起こる。それを仲間で修正しあえて良かった。

 

私、認識が違っていたところもあったし。

 

伝えるために言葉にすることって、とても大切。

 

そして、人の説明をきくのも、大切な経験になりました。

 

勘違いしたまま子どもたちに教えなくて良かった?

 

 

?M先生(自営・研修講師・元養護教諭・岐阜県から参加)

 

2日間ありがとうございました。

 

自分が理解していることを、自分の想いを乗せた言葉で伝えることは、

 

講座や講演会を通して現場で学ばせていただいていますが、

 

そのコトバを小学生にもわかるように、さらに45秒で、という作業はとても刺激的でした。

 

皆さんの知識を一旦机の上に広げ、内容やコトバの使い方をすり合わせながら考え、

 

実践していくなかで、大きな収穫を得ることができました。

 

一人でやることも大切ですが、色んな方々の発するコトバが、さらに多様な柔軟なものにもつながると感じました。

 

これから、さらに幅広い対象にむけて発信していくためにも、軸の一部となり、考え方の参考になりました。

 

オリジナルという捉え方、本当に初めの頃は、何か新たなものをという錯覚をしていたように思います。

 

オリジナルは自分が源、ということがつながってきました。

 

これからも、刺激してください。

TO TOP