HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

人間関係が楽になっているのに気づきました!

IMG_0803

 

保健室コーチングを学ぶ前までは、

 

自分から発信するなんて

 

ベテランの先生方しか出来ない、人が変わるわけないんだから

 

自分が頑張るしかないと思っていました。

 

でも、昨年の夏、研修会で姫先生のお話を聴いて、「もしかしたら…」という希望を持ち、

 

速修コース、ベーシックと受講しました。

 

正直、もっと早くに出会えていたらと思いました。

 

始めのきっかけは、子どもたちや先生方との人間関係について

 

もっと楽になったらいいなと思っていましたが、

 

次第に自分自身が楽になっていることに気付き嬉しくなりました。

 

今年度、一昨年と同じ学校での勤務をして感じていることは

 

自分が周りを見ようともせずに仕事をしていたのではないかと

 

いうことです。

 

管理職がどちらも代わり不安がありましたが、

 

保健室コーチングを学び、発信しているのはすべて自分で他人ではないこと、

 

だから誰かのせいで…はないこと、

 

その時の自分は

 

可哀想な私になっていることが理解できて、

 

最近は、「また、可哀想な私になっている!」と気付けるので、切り替えが早くなりました。

 

先日、採用試験不合格の通知がきて、

 

勉強不足だったので仕方がないと頭では思っていたのですが、

 

カラダが反応してしまい、可哀想な私のままで過ごすことを余儀なくされました。

 

可哀想な私をいつまで続けるのか?自分に問うても答えが出ず

 

その晩を過ごし、翌日の職場で悶々としていた時 これではマズイ!と

 

ようやく切り替えようという気持ちが湧き、自分のリセットを行いました。

 

ようやく、心が軽くなりました。

 

今まで、地区の先生方の反応(自分が保健室コーチングコースに参加していることがばれること)を

 

気にしすぎていていましたが、

 

バレてしまったら、もう気にならなくなりました。
私のやり方で、少しずつ保健室コーチングについて

 

発信していきたいと思っています。

 

TO TOP