HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

背中を押してくれたのは、FBで知り合ったある方のコラムでした。

保健室コーチングアドバンスコース関西2期 第1講の感想

M先生 (特別支援学校教諭) 山口より参加

 

  

 

 

2日間の研修、大変お世話になりました。

今回、ベーシックコースで培った自分の「軸」をさらに確かなものにしたいと思い、受講しました。

 

今回アドバンスコースを受講したいと思ったきっかけは、

 

桑原先生がFacebookて紹介されたある方のコラムです。

 

その方が自分自身をしっかり持って、仕事や家庭に向き合う姿に感動し、

 

自分もこの方のように自分自身をしっかり持って先を進んでいきたいと思い、

 

アドバンスコースを受講させてすることになりました。

 

 

今回の講座で一番考えさせられたのは、「ふみふみフレーミング」です。

 

ペアの方と一緒に自分のワークを進めていく内に、何か違和感を感じるようになりました。

 

そこで、桑原先生に相談してワークを再度行ったら、

 

課題のスケールが大きく過ぎて、自分自身の課題が見失っていることに気がつきました。

一方で、他の受講生の方の中には、しっかりと自分自身から逃げずに向かい合い、

 

大きく変わった方々がいらっしゃいました。

 

タイムラインのワークで、今まで「未来」を見ることも躊躇していたのが一歩一歩「未来」に向かって近づくことで、

 

大きく変わっていきました。

 

その後の表情が別人のように明るくなったのが印象的でした。

 

前者も後者も、自分自身をしっかりと見つめることの大切さを改めて知った瞬間でした。

 

ベーシックコースで自分自身が見えてきたと思っていましたが、まだまだです。

 

自分の嫌な部分から逃げずに自分自身を再度見つめ直し、残りの講座で更に深く研修を進めていきたいと思います。

TO TOP