HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 自己と向き合い、日常、仕事、人生に変化を起こす講座

隠していたことを認めたら楽になりました。

幸せマネジメント講座に参加してきました。一日を通して、驚きと気付きの連続でした。

昨年度、3学期、ずっとフワフワしている感覚がありました。4月に入り、少しずつ地に足がつく感覚がしていました。なんだったんだろう・・・と思いながら、

 

よく分からないけど、あの状態をどこか楽しんでいる感じでした。

 

今回の講座で、《小学校の同窓会の翌日に出勤したら…》のワークの時に、

【そうか、こういう風に時制が飛ぶのか!そうか、私はきっと転勤先の生活に焦点が飛んでいたんだ…】と、不思議と納得しました。
これまでは、なんか仕事が思うようにすすまない、集中していないな、という時に、『今の私よくない!集中、集中!』と決めて取りかかってもなかなか続けられなかった私でしたが、

 

これ以降、『そうか、私、週末の〇〇のことに意識がとんでたんだわ。』と気付き、修正するようになりました。

 

そして修正後は、不思議と目の前のことに集中でき、焦点の大切さを今一度再確認しました。

《愛》の感覚に驚きました。

【あれ?こんなものなの??!では、今までの私が「愛されたい」と思っていた私は、どんな感覚を求めていたんだろう…】と、とにかく不思議な感覚でした。

 

《4人の異性のタイプを設定していただいたワーク》では

【そうそう、こんな感じ。そして上手く話せない。】という私自身の感覚や、

先生がかけてくださる言葉に、

【そう!「ギラギラしてる」ってよく言われる!やっぱりそう見えますか?!どうして分かるんですか??】という気持ちがいっぱいで、

 

まさに日常の私を再現していました。

 
そして、《自分自身のことを認める、周りにどう思われても気にしない》宣言のパワーにただただ驚きました。

 

自分では、分かっていたし、隠しているつもりもありませんでした。

でも、振り返ってみると、確かに他者評価としてそれを言われることがこれまでありませんでした。

 

と、すると、私はひたすら隠し続けていたんだ、そういう風にみられない行動をしていたんだ、と考えました。

 

それを認めて関わると、人と話すのがとても楽になりました。不思議です。

 

自分の嫌な部分を隠す/見せないのは、自分で行動を制限しているんだということがよく分かりました。

 

そうか、隠すとこんなに行動が制限されるのなら隠さずに認めてしまおう!気にしない!と考えたところ、

 

【この年齢なのに貯金がこれだけしかない。恥ずかしい。周りには言えない。】と思っていましたが、

 

隠すのではなく、認めると、これと向き合おう、という気持ちになりました。

私のどの面を見せても、これが私!と堂々といられるような私になろうと思いました。
また、「それ全部周りからどう見られるかでしょ」という姫先生の言葉も【確かにそうだ、そうだったんだ】と、ギクッとしました。だから私決められないんだ、と思いました。

 

『他者がどう思うか、どう感じるかはその人次第。』と理解していたはずなのに、こういうことか!と改めて感じました。

 

保健室コーチングで学んできて生徒に伝えてきたことを、改めて、自分を通して学んでいる感覚です。

 

別の受講生さんのワークからも『相手がどう感じているかではなく、自分が楽しむ』『相手を信頼する』など私もそうだなぁと感じることがたくさんありました。

 

自分主体の感覚を磨いていきます。
とにかく、体験!体験!で、日常を再現し続けた1日でした。そういうことだったのか!という感覚がとても楽しかったです。

 

まだ見ぬ自分の多さにも驚きましたが、私にもまだまだたくさんの可能性があるように感じました。(きっとこの感想にも「突っ込みどころ満載だわ…」と失笑されそうですが)

 

これからも、「まずやってみよう!」そして「何が起こったのか。」を楽しんで、自分を知っていきたいと思える一日でした。ありがとうございました。

TO TOP