HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

あんなに生きづらかったのがうそみたい!関西アドバンス第1講感想

10月からベーシックコースを受けていて、自分の中にあることに気づいたX=Y。

「期待をかけられると、(相手を)がっかりさせる」

だから、期待をかけられるような場面ではやる気が全く起きず適当にやってしまうか、

あるいは他ののっぴきならない事情が出てきて、そういう場面から逃げることができていました。

なぜ、期待をかけられると逃げたくなるくらい嫌になるのかというのは、

中学校時代の親とのささいなやりとり(自分にとっては深く傷ついた大きな出来事)がきっかけだったというのは、ベーシックに来る前からなんとなくわかっていました。

というより、それが原因だと、

「だから私がこうなってしまうのは仕方ないんだ。親が悪いんだ。」

親のせいにして生きてきていました。

でも、ベーシックを受けて、

「それは体の記憶の反応だから、

これからは自分で自由に選択できるんだよ、対応に変えられるんだよ、」

と姫先生が言ってくれて、変えることができるんだということに初めて気づきました。

ずっとそうやって生きてきたから、きっとこれからもそうなんだろうなと思っていたし、変わることなんてできないと思ってました。

自分で変えることができるということを知り、ちょうどそんなタイミングで期待をかけられて行くようになった場所があり、

いつもなら断るし、でもこれは自分で決めて変えるチャンスだと思って行くことにしたはいいものの、

数日前から風邪を引き、前日夜には高熱が出るという状況でしたが、これはきっと体の反応だと思い、行くと決めて行きました。

終わった後、主催者の知人に

「期待をかけられるとすごくプレッシャーを感じるんですー。」

と打ち明けると、

「いつもどおりの自由なゆる~いFさんが好きで、だから来てもらいたかったから、ありのままのFさんで来てもらいたいんですよ。」と言われて、

自分が思っていた期待とその人が求めていたことが全然違っていたことを知りました。

それでもやっぱり、

「ちゃんとしないと」

というのがあって、行ったらすごく楽しいんだけど、行く前は胸がざわざわ、

「ちゃんとできてるだろうか」

と不安が時々わき上がってきていました。

今回、アドバンス1講を受けて、初日の8フレームアウトカムでやっぱりそれが出てきて、シェアをしたときに、アシスタントの方やみんなにいろいろ言ってもらったんだけど、

頭では理解できるけど、体が拒否している状態で、このアドバンスの間にワークの時に課題にしたら何か見えてくるかもしれないね、と話していました。

その夜に、同じ受講生メンバー3人で泊まっていたので、キャスティングマップやあるあるレンジャーカード、他にもワークをしたりしているうちに、なんとなく掴みかけたような気がしました。

そして2日目。

あるあるレンジャーカード&4つの椅子応用バージョンでも、同じ課題を出してみました。

話を聞くのがうまいんジャーが出てくると、話し手の負の感情を増幅させるんじゃないかと思い込んでいたのですが、

アシスタントの方に、

「そもそも話を聞くのがうまいんだから、そんな悪いことは起きないんだよ。」

って言われて、

話を聞くということに、これまでの体験から、勝手にマイナスの感情や結果をくっつけていたことに気づきました。

そして、自分大好きなんジャーから見ると、どんな自分を出してもOKだったので、

やりたいようにやったらいいんだということが、やっと腑に落ちました。

さらに、信念のサブモダリティチェンジで、

「期待をかけられると相手をがっかりさせる」

という思い込みをチェンジしてみると、期待をかけられる=相手をがっかりさせる、だったのが、イコールじゃなくなってしまいました。

あんなに苦しくて嫌でたまらないくせになぜか大事に大事に握りしめていたはずのに(笑)。

「ああそうか。こういうことだったんだ。」

と、脳のしくみや人間の可能性の素晴らしさを実際に自分が体験し、

「これはすごい!これ絶対やった方がいい!だってあんなに生きづらかったのがうそみたい!

こんな簡単なことで変わるなんて!人間ってすごい!面白い!」

と、感動と感謝と感激に溢れています。

この何とも言えないすっきり視界が開けたような感覚をみんなに味わってもらいたいと、なんかあると

「めっちゃ面白いけんちょっとやってみようー!」

と誘っては、いろんなカードやワークをして、

「あーーー!きたーーー!!これだったーーー!!」

「わーーー!やったーー!!」

と、爆笑しながら喜び合っています。

「あぁ人生って楽しい!」

今までもそんなふうに思って生きてきましたが、保健室コーチングに出会って、

「まだまだこんなもんじゃない!私の可能性ってもっともっと開かれてる!みんなそうなんだ!だって人間ってほんとにほんとにすごいんだもーん!」

心の底から思うようになりました。

さぁ、これから2講3講とアドバンスでどんなことが起きるのか、

どんどん自分の頭と心と体を通して体験していきたいと思います。楽しみーーー!!

養護教諭Fさん

TO TOP