HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

私の保健室コーチング辞典を作る(トレーナ―コース2講)

初めての渋谷に浮かれているのか、新幹線の切符は取り忘れるし、待ち合わせ時間も間違うし、

何かおかしく落ち着かない日でした。2日目に解明されましたが…。

宿題がなかなか出来ず、Kとは言え,ほんとに、感覚でとらえていた自分を反省しました。

ベーシック、アドバンス、アシスタントも行ってるのに、感覚だらけ、言語化がホント出来ていなかったと再認識しました。

やりっぱなしで復習ができていなかった。けど、やるべきことがわかり、

私の保健室コーチング辞典を作るといいなと気付きました。やるぞ。

 

日頃、姫先生が言われていたこと、講座を構築するということ、どうやって作るか、

どこを目標とするのか、いろいろなことが、なるほど!!そういうことだったのか!とすっきりと腑に落ちました。

早く講座を組み立てたいと思いつつも、すべて吐き出さないとできないということもよくわかりました。

テーマをそのままコピーで伝えるのではなく、親鳥がそしゃくして子どもにエサをあげるような…、イメージ。

面白かったです。

 

4月から、リンパケアの講座を開催していますが、はじめは、とりあえずやる!という意気込みだけで、

受ける人がどうなって欲しい、自分もどうなりたいかが、見えてこずに、ただ単にやるという、

持っているものすべて出し切る、という盛り盛りにした講座だったように思います。

そして、最近は楽しくないし、息も絶え絶えやる気も起きず、孤独になっておりました。

そして、最近やっぱり内容が多すぎたことに気付き、内容はシンプルになってきたように思います。

今一度、仕切り直して、腹もくくり直して、さらに良いものを届けます。練り直します。

 

1日目の夜

小窪先生に、歯が痛いことを話しました。

夏からの歯の痛みがひどく、治療に通っているのですが、全く良くならない症状

小窪:「何か歯に挟まって言いたいことが言えてないんじゃない?」

私:「何にもやりたくない」と答えました。

そしたら、先生が「イテテ、何だこの歯の浮くような痛みは!」といいつつ、しかし、私の痛みが解放されました。

小窪:「これは、心因性の痛みだね」

本当にずっとものすごく痛かったのに、不思議でした。

「何もしたくない」とも、普段気付いて言っていたのに…。何が違っていたのかな?

 

2日目赤坂(想いの科学)

先週も名古屋でワークに参加していたし、赤坂は参加したことあるし、緊張はしていませんでした。

が、一番のトップバッターでした。うつ伏せになって、上に寝ころんで乗っている人を落とすのですが、

何をやっても落ちてしまう、金も家族も姫先生も、何のとらわれがない状態、何でもできる状態。

先生「そんなわけないよね???」

さらに調べていくと、まさに抜け殻状態、

生きてもいないし、死んでもいない状態ということがわかりました。

「何それ???」

お宝ゲットではなく、その場を前に進むことだけ考えてしまう頭。

そうよ、私のすぐ頭で考えて、うわべだけで考えて答えるから、

身体の反応までもがなくなるという衝撃の事態!!

筋反射もわからなく、心役を他の人にやってもらうという…

「私は何なの?誰なの?!」衝撃でした。先生に「どうするの?」と言われても決められない。

相手の言って欲しいことなら言える。自分の口で話せない。

口数がさらに少なくなり、びっくり落ち込み、食欲もありませんでした、

が、お昼は全部食べられました。笑。

これも、腑抜けの身体だからできるのか…。

食事中、固いお漬物をまったく痛くて使えてなかった歯で、自然にぼりぼり噛んでいるのが嬉しかった!

午後には、他の人のワークを見せてもらい、だんだんとやっと覚悟ができてきて、

4月からの受講料アップ、コース化を決めました。

先週ワークに行ったばかりなのに、不思議なおもしろい私☆

人にゆだねて、その場限りばかりでした。

起きて、自分でやりきります。楽しく生きます。進化します。

TO TOP