HOME > 活用事例/受講感想

相手の深いところに届く講座にする(トレーナーコース2講)

1日目(渋谷) 

まず、宿題が遅々として進まないのは初めてでした。

ひとまず形にして持っていくに過ぎず、初めから苦しい2講目でした。

私は今まで何度か講座の講師をつとめてきましたが、これまではこちらが伝えたいものを、

体裁よくまとまるような講座の組み立てだったんだな・・・と気づきました。

きれいな形を並べた「発表」ではなく、相手の中で何かが動き出す講座にしたい、

自分の体験をしっかり持って、それを言葉に返すこと、薄っぺらい言葉ではなくて、

厚みと温度を持ったことばにかえて、相手に伝えること

 

私自身の体験したことが、本当の意味で影響力となって伝わるよう、もう一度一からの立て直しです。

次に講師を務める講座は勇気と努力が必要な、本当のスタートだと思います。

2日目(赤坂) 

アイシンの波動ワーク(想いの科学のワークショップ)には何度も参加していますが、

今回は本当に自分の中で一番見たくなかったところを見ることとなりました。

「できる自分」と、「何もやりたくない・できない自分」。

実は後で気づいたのですが、1日目の講座でアイデンテティを理解するためのワークで

「できる自分」を強力に打ち出していました。

できる自分はOK、

でもできない自分、やりたくない自分や、それを見せてくれる人の姿が許せなかったのです。

できている、これでOKと思った後にもう一度原点、

いやそれ以上に深いところにいく癖があるようです。

この、「底」に来たところからが本当。焦らず、嫌わずやっていく覚悟を決めます。

TO TOP