HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

娘を通しての気付き(ベーシック関西2期)

帰りの新幹線の中で、頭がいっぱいな自分がいました。

いつもは家に帰ったら、まず家族に学んだことをあれこれとアウトプットする私ですが

一言も言えずにじーっとしている自分がいました。

次の日にやっと学んだことを話せるようになりました。

何が自分の中で起こっているのか分かりませんが、不思議な感覚でした。

体で理解をしていたのでしょうか?

スモールステップコーチングのワークでは、

体験した時に、自分の中でいろいろな案が頭の中が浮かんできました。

コーチには1点あげるために何ができる?って聞かれてるだけなのに

自分の頭はどんどんいろんなことを考えていました。

それもとても前向きに。

10点に到達したことが自分でもとてもうれしかったようです。

学校でもいろいろな生徒に試しています。

保健委員に、歯みがきの気持ちを高めるために、スモールステップコーチングワークシートを試してみました。

また、2週間後に実施する予定です。

プラスの感情、マイナスの感情を起こす相手のタイプや相手との関係性のワークでは

「元気になる」と「つかれる」の感情を選びました。

「元気になる」はプラスの感情なのに、最後まで「相手のタイプや相手との関係性」が書けなくて苦しみました。

「認めてくれる人」と最終的には書いたのですが、ワークを進めていくうちに

「元気になる」の感情は「生きてること」にたどり着きました。

 

2年前、娘にうつ症状が出てしまいました。それから私がずっと娘に望んでいたことは

「生きていること」でした。

娘にいつも願っていたことは「生きていること」・・・それが「元気になる」ことだと分かった時に

なかなか「相手のタイプや相手との関係性」が書けなかった理由が分かったような気がしました。

 

「元気になる」という言葉が今までの自分にはつらかったこと、そして傷ついていたことが分かりました。

「生きていること」が出てきた時に、自分の本当に望んでいた「元気になる」としっかり結びついた感じがしました。

 

KOKUBOクエスチョンでは

課題の結論がでず、そのまま保留になっています。

「自分は分かっている」と自分に伝え、そのまま悶々と保留状態です。

その後、学校で、同じようなことがまたまた起こってしまいました。

状態管理をしていたので、ダメージは前ほどではありませんでした。

(前はものすごいダメージでした)

起こった出来事は嫌なことでしたが、状態管理のすごさをまたまた実感しました。

結論は出ていませんが、「答えはわかっている」と信じて、これからも過ごします。

学校で、質問カードをたくさん使っています。

前は、どーかな?と思いながらなかなか使えなかった自分がいたのですが

考える前に、まずやってみようと、だれかれかまわずに引いてもらってます。

私も「大丈夫」、あなたも「大丈夫」といいながら、質問カードを楽しんでいます。

状態管理をしながら、ひたすらコーチングを楽しんでいるような感じです。

3講もとても楽しみです。

TO TOP