HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 講演・研修事業

三重県三重郡学校保健会 「生きるチカラを育てる生と性の学び」講演の感想

この日のテーマは 「性教育」

そして、HPを見て質問カードに興味を持ってくださった養護教諭さんから「質問カードの使い方」のリクエストも!ということで2つのお話をさせていただきました。

以下、いただいた感想です。



◆学校で積極的に性教育を行いたいと思いさまざまな取り組みをしていますが「目の前の子どもたちに生命について伝えたいと思うのはなぜか?」 と言う質問にどきっとしました。ぼんやりとしか思い浮かばず、もう一度ゆっくり考えていきたいと思います。養護教諭として、自分が何を残していきたいのかを考えるきっかけになりました。ありがとうございました。

◆質問カードの活用がとても勉強になりました。子どもたちの思い込みや凝り固まった視点を変えるという点でとても有効であると感じましたまる子供たちの気持ちを引き出す方法の1つとして活用したいと思いました。また授業を作るにあたって、何を伝えたいのかを1番に考えて授業を進めたいと思いました。

◆学校歯科医をしています。初めのほうの話で子どもの心と口腔内との関係についてのことをお聞きしまして、単なる歯科検診をするだけではなくその背景を読み取り、少しでも子供達の健康の助けとなるよう、関わっていきたいと思いました。貴重なお話をありがとうございました。

◆今、目の前で一緒に学んでいるクラスの子供たちのこととともに、我が子のことが考えられました。落ち着いてゆっくり見守っていきたいと思いました。とても貴重なお話をありがとうございました。

◆先生のご講演は以前にも伺ったことがあります。NLPの脳の話に基づいた様々な行動科学は、大変納得できるものでした。系統的に成長段階に合わせた命の教育をしっかり行っていきたいと思います。ありがとうございました。

◆自分のことを肯定的に考えられない子供たちが増えているのはなんとなくわかります。そのような子供たちに何ができるのか?それが学校そして性教育の役割なのかなと思いました。

◆保健指導や性教育でも、自分が「いちばん何を伝えたい」と願っているのかそれを考えて指導内容を考えていくことが大切だと思いました。 「自分は大切な存在であり価値ある存在である」と子ども自身が感じれるようにするために支援していくことが養護教諭の仕事だと思います。目的を明確にし、日々実践していきたいと思います。ありがとうございました。

◆子供に対して言ってはいけない会話がよくわかりました。質問の質は人生の質というのが納得できました。 。今後も子供に対する指導の話が聞きたいです。

◆数年前先生のブログを見せていただいていたことを思い出し直接お話を聞かせてもらえて嬉しかったです。全ての話はわかりやすく心に伝わり自分も伝えていきたいと改めて思うことができました。

◆自分自身の仕事自分の描く夢について改めて考えさせられました。今後も「子供たちに伝えたい想い」を大切にして保健室経営、保健教育を起こ行っていきたいと思います。質問カードも実際に見ることができ、よかったです。

◆命についてなんとなく大事としか思っていなかったのが、何が伝えたいのか、自分の考えの基本を作ることがとても大切だと思いました。普段の考え方とは違う視点ででも勉強になりました。

◆「子供たちの行動を変える」と言う難しさを身にしみて感じていますが それがとても大切なことだと思います。ぜひ、もっと深くお話をお聞きしたいと思いました。ありがとうございました。

◆人間の持っている真の強さを信じて、海大することが重要であると学ばさせていただきました。愛と愛情の違いをしっかりと認識していきたいと思いました。

◆途中からの参加でしたが、どんどん桑原先生のお話に引き込まれていきました。 「否定のWHY」には、ドキッとさせられるくらい目に入ってしまっていると反省です。

◆今日の講演会は大変ためになりました。このことを実際に活用したいと思いますがなかなか難しそうです。

◆子供に望まない結果が出たとき、ついつい原因をくどくどと言ってしまいます。おまけにそのこととは関係のない過去の失敗まで引きずり出し、くどくどと同じことを言ってしまいます。学びのチャンスと受け取って関わっていける母親になれたらなぁと思いました。

TO TOP