HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

ワークのすばらしさ!(ベーシックコース)

今回の講座で、少しずつ自分の中にコーチングの手法が身に付いてきているのかなと感じた場面が何度かありました。ワークのすばらしさを感じました。保健室におけるカウンセリング的なアプローチからコーチング的なアプローチへの流れもわかりどのように使っていいのかなんとなくイメージがわきました。しかしながら、相変わらず、焦点を変える質問の仕方はとでも難しく、質問するのに考え込んでしまう場面がたくさんありました。

特に2日目の最後のコーチングでは、皆さん上手に質問されているのに、私は何を質問していいのか???になり落ち込みました。自信喪失の一言です(喪失するほどの自信も元々ないのですけど)帰りの電車の中でも、くら~い落ち込んだ気持ちでした。みなさん深い考えをされているのに、私はだめだなあと。コーチングを学んでいるのに、どんどん悲観的に。家に到着してから、今回、目標設定の大切さをゲームを通して学んだことを思い出しました。 人それぞれ、今回の講座を望むにあたり持っている力量の差があるのだから、スモールステップの目標を決めてチャレンジしていくしかないと。今週は、WhyではなくWhatで聴く。チャンクダウンを目標に取り組みました。来週はまた、次の目標を決めて取り組もうと思います。 (名古屋1期 第2講の感想) もっと読む

TO TOP