HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

フィジカルアプローチはすぐに使えそう!(ベーシックコース)

◎久しぶりに大笑いしました!とても楽しかたです。

今年も、保健室コーチングを受講でき、桑原先生にお会いできたこと、本当にうれしく思います。

今回は、初めの目標設定の時に、「自分の自信につながるものを得たい」ということを宣言しましたが、内心、「母親をどうにかしてあげたい」という 思いがあって、1日目は、母をイメージしながら、理論を聞いていたことが多かったです。でも、「母はすぐにアソシエイトするからこうなんだ。」とか、「母のプログラムで変な変換がされるから、こういう言葉や行動が出てくるんだ」と か、理解しやすく、納得 のいくことばかりでした。

一番、その通り!と思ったのが、頭と心と体の不調和が起こっているとき、 ①やりたい  ②反応  ③やらないための言い訳 となるということでした。 その言い訳も「もっともらしい言い訳」をするということで、よく言い訳をする母にイライラしてしていたのですが、こういうことだったんだなと 理解することができて、本当にすっきりしました。私自身のことでは、子どもが生まれる前は、小さなことでくよくよし泣いていた自分が最近泣かなくなった、両親との嫌な関係にすぐにアソシエイトし て、泣いたりしていたのがアソシエイトしにくくなったなど、ちょっとした変化が起きていましたが、「子供が生まれて強くなったのかな」とか、く よくよしている暇なんてないからかな」、と漠然にとらえていました。

しかし先生のお話を聞いて、子供が生まれてからは自分が心に決め、考え、実行 することが増えてきたから、うまく回りだしたのかなと思いました。「お母さん大好き」って言ってくれる、子どもや主人に支えられてるのかなと思 い、私も息子たちや主人をより一層、大好きと思えるようになりました。そして、「自分を信じて、相手も信じてかかわること」の大切さを実感しました。やはり、自分が信念を持ってやったことは、それなりの結果がついて きます。その根拠をここで知ることができたので、これからの実践にも生かせると思いました。次講までの間、実践してみたいと思います。

2日目では、フィジカルアプローチがすぐに使えそう!と思いました。

自分自身、任脈・督脈の気の流れにはものすごく反応して、すっきりしたり、気持ち悪くなったりしました。それと、サブモダリティを変化させるのも、すぐにできると思いました。重くごつごつした岩のような感じの症状をピンクでふわふわした小さいものに変えると、体に戻した時、本当に体も軽く嫌な感じを全く受けなくて、人 間のイメージって本当に簡単に変えられてしまうんだなと思いました。そして、私自身、嫌な体験を思い出しても最近、影響されにくいなと思っていたら、思い出した時の映像や音が小さくミニチュアで見えたり、聞こえた りしていたことで影響をうけなくなったのだということがわかりました。ほかにもたくさんの驚きや気づきがあり、とても有意義な時間を過ごすことができました。受講しようか迷っていたときは、いろいろな心配や不安があり、主人にも突っ込まれたりしましたが、受講すると決めてからは主人も義理の両親も、そ して子供たちも協力してくれて、昨日は私も笑顔で帰ることができたし、みんな笑顔で迎えてくれて、すごく幸せだなぁと実感することができました。

第2講も、今から楽しみです。(M先生 山梨から参加)

TO TOP