HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

キャパが広がるのを感じました。(ベーシックコース)

講座が終わって2週間余りが過ぎ、今感じるのは「人との話やすさ」です。

今までは、あまり面識のない人と話をするのは抵抗があり、自分から距離を置いていました。しかし、今では、距離を置くことなく、すらすらと言葉が出てくるのを感じます。そして、人とかかわるときの肩の力が抜けたような感じがします。

自分で「この人とはこういう関わりをしたほうがいい」「この場面ではこう話したほうがいい」という固定概念に囚われず、浮かんでくるままの言葉で話をしている感じがします。

この講座の中で私が一番印象に残っているのは、やはり「タイムライン」です。人前であんなに取り乱したのは多分初めてです。私にとって過去とは、決していいものではなかったと思っていました。でも、過去を切り離されて、あれだけ動揺したということは、決して悪いものではなかったのかなと思うようになりました。自分自身で悪い過去に変え、「嫌だった」という思いだけが残るように保存していたのかもしれません。

それに加え、ポジションチェンジで父とポジションチェンジしてみて、父に対する思いが少し変わり、さらに自分自身で悪い過去にしていたんだなと思うようになりました。そしたら、最近、父がFacebookで家族であることの登録をしてきました。父との距離が縮まったようでうれしかったです。これから、私と父との親子としての関係づくりにしっかり向き合っていきたいと思います。 この講座全体を通して、やはり自分自身と向き合うことってすごく大切だなと感じました。普段、何げなく過ごしていると、自分を置き忘れて、周りに流されたり、固定概念だけで動いていることがあります。

しかし、自分と向き合い、自分とはどんな人間なのかということを知ることで、他人を受け入れるキャパが広がることを実感しました。とても余裕をもって人とかかわれている気がします。子供たちや主人とのかかわりの中では、まだまだ試行錯誤ですが、それでも、試行錯誤したり、振り返ったり、見つめなおしたりすることができるようになったので、一歩前進かなと思います。 講座を離れてしまうと、一人ではなかなかうまく自分と向き合うことがしにくいのでちょっと不安ですが、毎朝、鏡を見て「私なら大丈夫」と言ってにこっと笑うことを続け、先生にいい報告がたくさんできるように頑張りたいと思います。

子育てが落ち着いたら、アドバンス必ず行きます。 ありがとうございました。(信州1期 M先生 山梨から参加)

TO TOP