HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

学んだことが、日常でこれだけ使える講習は、どこにもない(アドバンス関西2講)

2講の感想です。

1講を受けていないことを、少々引きずりながらの2講。
1講に行きたかった自分を受け止められずにいる自分を感じました。

 

救いの言葉は、姫先生の「よい空白」
1講を受けたみんなの感想や、感じたことを読んでよい空白を作ることに決めました。

 

はじめは、戸惑う自分を感じましたが、時間が過ぎるうちに、少しずつ見えるものが増えていった感じです。

まだ、全てが見えているわけではないので、このよい空白を大事にして、すべて受講できる日を楽しみにしています。

 

2講を受けて、感じたことは

 

1 聞き上手といわれることが多くなった。

 

私を知っている人は、びっくりするかもしれません。私はとてもおしゃべりです。

 

そんなおしゃべりな私が、聞き上手だねといわれることが多くなりました。

VAKを学んでから、Kの人の話を聞くのができるようになったと思います。

 

職場で、ちょっと苦手だなと感じていた人がAとKのタイプでしたので、

VAKを意識しながら、聞くようにしています。

 

Aの人からは、相談をされるようになりました。

 

Kの人は、自分の思いを語ってくれるようになってきました。

(つい昨日ですが、「自分の思いをださせてくれてよかった」と言われました。)

タイプを意識することで、コミュニケーションにこんなに変化があるとは、驚きです。

 

ベーシックで、VAKのタイプの違いを体で感じさせてもらったからこその成果です。

本当にすごいと思います。

 

2 子どもに接するときに、巻き込まれにくくなった

 

状態管理を教えてもらってから、子どもが泣いてても、悩んでいても、

巻き込まれず見守れる自分を感じます。

「大丈夫」と思って接することができることは、すごいことだと思います。

保健室コーチングを学んでないときは、アソシエイトしてしまって、具合が悪くなることもあったので

すごい力を学ばせてもらったことを、何度も何度も実感します。

 

3 すごい力を学んだからこそ、気をつけたいと思うこと

 

子どもたちがもっている思い込みを教えてあげたり、気分を変えたり、焦点を意識させたり

いろんな方法を駆使している現場ですが、おしゃべりな私なので、子どもが気がつくまで待てないこともあったりします。

 

言われたことより、気づいたことのほうが理解できる、行動に移せることを知っているのに、待てなかった自分がいます。

まだまだ日々修行中です。

 

また、結構いろいろなことが子どもから聞けちゃったりします。

聞けちゃうからこそ、聞き出そうとしないように心がけたいと思います。

 

4 体験して学んでます

 

学んだことが、日常でこれだけ使える講習は、どこにもないです。

 

本当に日々学びですし、子どもに関われば関わるほど、見えることが増える、変わる感じがしています。

 

まだまだ学んだことがちゃんと復習できていない私ですが、これからも体験して学んでいきたいと思っています。

さあ、今週末の3講をとても楽しみにしています。

TO TOP