HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

これでいいのだ!と確信をもてました。(集中講座)

ずーーっと気になっていた保健室コーチング。

ついに受講してきました!!

わたしが受講した理由は、

・「聴く」ひととして、個人セッションの質をさらによくしたい

・質問の質ってどんなものだろう

・NLP理論に興味があった

・姫先生に会ってみたかった

からでした。

理論については、“うん、そうそう、そうだよね!”と確認ができたり、これでいいのだ!と確信をもてたりしました。

それプラス、新たな学びもあり、面白いな~と思いました。

脳のしくみ、脳の特徴を知ることで、人に対して自分に対して、どんなアプローチをとったらいいのかが学べました。

脳って、シンプル。 単純♪

先日、幼稚園で、枯葉の中からスギの枯れ枝を拾う作業がありました。

「この形のスギの枯れ枝を探すんだ!」とインプットしたら、それまで茶色一面だった枯葉の中からまるでそれだけが浮き上がるかのように

スギの枯れ枝だけが、どんどん目に入ってきました。

「あー、姫先生が言っていたのは、このことなんだ~」

脳がソレを掴みにいく。を実感しました。

聴くことと、コーチングの違いを知りたかったことも、参加の理由でした。

コーチングは、どんどん考えさせる要素が強いのだな、と感じました。

上手く言葉で表せない人、抱えているもやもやさえも、わからなくなっている人、そういう人たちへのアプローチの方法も教えていただきました。

ちょっと視点を変えるだけでこんなにもカンタンに気づきが得られるのだなと思い、わたしも個人セッションでのメニューに加えていきます。(質問カードも買っちゃった♪)

初日の「人間理解」。ここってホントに大事なところだと思います。己を知って、人間を理解する。自分発見の連続でした。

そして、一番のオドロキは、わたしって、モウソウ族だ、ってこと。

あー、そうなんだね、そうだったんだねー、わたし。

「それって、ホントにあったこと?それとも、勝手に思っていること?」
わたし自身、個人セッションでお話を聴く時にこうした確認はしているのですが、自分のこととなると、見えなくなるのですね~、ふふふ。大きな大きな学びでした。

それからは、モウソウ族をキャッチするチカラが強くなりました。

もうね、モウソウ・モウソウ妄想だらけの姑さん。今日、お姑さんの話を聞かなきゃいけない時があって、

聞いていたら、

「たぶん~だと思う。」

「~かもしれないけど」

「~じゃないかなーって気がする。」

つっこみどころ満載!!ほとんどモウソウじゃんっ。

姑:「お客さんで、(考えが)こっち寄りの人も多いと思うから~」に

すかさずツッコミしましたよ。

わたし:「だいたい何人ぐらいいるんですか?」と。

そしたら一瞬ウッと言葉が詰まって、

姑:「うーん、そんなにいないかもしれない」だってー。

えー、さっき“多い”って言ったじゃん、って思いました。

保健室コーチング集中講座を受講してからは、実生活での発見がどんどん出てきます。

それも学びが深まって楽しいです。

今回、一緒に学んだみなさんとお会いできたことも

わたしの中で大きな出来事でした。こゆ~い3日間でした!

楽しかったです!ありがとうございました。

(研修講師 T様)

TO TOP