HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

いい人を演じていたことが分かりました(基礎講座)

この4月から初任として採用される予定で、漠然とした不安を抱えた状態でこの2日間を迎えました。

子どもへのアプローチのしかた、職場の人間関係づくりの中で、“いい人”をを演じいた自分に気付きました。相手のことを思ってやっていたことが、実は自分を認めてもらいたいためだったのかなと。その先の目的、自分のWANTが一切なく、ただただ目の前の仕事に追われ、余裕のない自分を出さないように、それって自分の評価を気にしていたのだと。

自分の体質にうすうす気づいていたけれど、そこから抜け出さないでいました。養護教諭になることを夢見て、それを達成して、その先の夢を描けないでいました。いろんな枠が邪魔をして、迷っていました。

でも、今は、すなおに自分がなりたい養護教諭像が描けるようになった気がします。それも、モノクロからカラーへ。今はリアルさが増しています。心と体の健康だけでなく、心と体と脳のつながりを考えていく面白さを全身で感じることができたこの2日間でした。本当にありがとうございました。養護教諭の仕事を選んでよかったです。

この体験をいろんな人に伝えていきたいです。

(以下は 現場に戻ってからの感想⇒)一気に日常の生活に戻ってしまいました。でも、明らかに自分の中での変化があって、それを伝えたくて、ペンをとっています。自分の気持ちに正直にいられるようになったので、いろんな人とのかかわりがすごくスムーズで、心地よくなりました。自然なテンポで、会話のキャッチボールができている実感が持てていて、雰囲気が変わってすごく楽で、楽しいです。自分の中に会った「○○しなきゃ」を考えてから行動を繰り返していたんだなと、そのほんの数秒の差(それがあるなし)で、相手との距離感って変わるんだなと思いました。相手にとっての居心地の良さも考えながら、コミュニケーションをとれるようになった気がします。

“何よりにも自分が納得できることをやろう”というシンプルなものが私の中のWANTとして、素直に向き合えるようになって、それが毎日のエネルギーになっています。ほんとに人生を変えた2日間でした。ありがとうございました。

(東京基礎講座 2010.3月)

TO TOP