HOME > 活用事例/受講感想
受講感想 保健室コーチング/脳科学コーチング

あの時の言葉は本当に宝物です。(ベーシック関西2期 2講)

第2講では、私はワークの時『なかなか考えが浮かばない』『言葉にできない』ことが何度もありました。

しかしペアの方が語る内容に「そうそう、私も!」「そうだった!」と思い出すことが多く、

コーチ役をすることで私自身の課題を発見することができました。

20人弱の仲間がいるのに、フルーツバスケットでたまたま組んだペアなのに、

と、これが共鳴なのかも…と驚きでした。

最後のワークでは、本当に不思議な体験をしました。

コーチ役は同じ言葉で質問を繰り返しているだけ、クライアント役の私は、

次第に同じ言葉(答)を繰り返し答えるだけの自分に気づきましたが、

新しい言葉は出てきませんでした。

言葉は出てこないのに、涙があふれる。涙は出るけど、悲しいのか怒っているのかその感情すら分からない

本当に本当に不思議な時間でした。

頭で考えることよりも、心が感じることの方が強いのかもしれない、と漠然と感じました。

悶絶を経験して、ジワジワと、そしてガラリと、私自身が変わるのを感じました。

大袈裟かもしれませんがあの瞬間に2度目の誕生を迎えたくらいの気持ちです。

あの時の言葉は本当に宝物です。

自分の人生、自分で決める。選択する。私の思い込みだったんだ。

たくさんの気付きが得られました。ワークでは、なかなか言葉になりませんでしたが、

帰りの新幹線の中、夜布団の中、翌日以降も芋づる式にたくさんのことが沸々と分かりました。

身体が軽くなるのを感じました。ま

た、11/15講座終了後その足で仲間と北野天満宮へ行って、おみくじをひきました。

(偶然なのかもしれませんが…)人生初の『大吉』に、鳥肌が立ちました。

ワーク中、私は、もう少しで分かりそうな気がするから、もう少し待って…!という気持ちでした。

『同じことしか答えない』

しまいには『何も言わないでただ分からないと泣いているだけ』の私のこたえを待ってくれた

コーチ役の方に本当に感謝です。

第2講を終えて、心因性の症状で保健室来室した生徒に対して、

以前よりも少し深い部分での生徒理解に努めている自分がいます。

あくまでも「答えを出す」、「解決策を見つけるのは生徒自身」であり、

養護教諭の私にできるのは、その子がその子自身と向き合えるように手助け?整理?すること。

まだ2回しかありませんが、目をまん丸くして「先生、分かった!!」「私だ!私が○○だったんだ!」と驚き、

すっきりした表情を見ると、「あぁ~よかった」と本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。

まだ第2講までしか学んでいないのに、変化ばかりです。

今後の学びと、これからの自分の変化が楽しみで仕方ありません。

あと2週間たくさん実験して第3講に備えます。次回もよろしくお願いします。

TO TOP