HOME > 投稿 > 【終了】保健室コーチング基礎講座 岩手・盛岡会場
Print This Post Print This Post
2014年3月開催

【終了】保健室コーチング基礎講座 岩手・盛岡会場

保健室コーチング基礎講座 ふたたび 東北の地で開催です!チラシはこちら

2010年仙台で開催以来、3年半ぶりの東北開催です。

今回は、NPO法人日本スクールコーチ協会 東北支部様との 共催です!

養護教諭さんだけでなく 一般の先生、保健師さん、看護師さん、子育てママさんも参加OK!
どんな現場でも活用できる本質的な学びをご提供いたします。

≪保健室コーチングって何?≫

保健室コーチングは 一般的なコーチングとは 違います。
カウンセリングも  コーチングも  看護的ケアも視野に入れた 科学的なアプローチ。 背景理論は NLP心理学 脳科学 認知行動学 コーチング理論 カウンセリング理論。 癒しや心理療法ではなく 、「個に内在するチカラ」を引出し 自分の力で解決し 人生を自分の力で歩いていくための「教育的アプローチ」です。

言語、フィジカル(身体)、体感の3つの視点からのアプローチを行います。
言語アプローチが機能しにくい低年齢の子どもや 気持ちを表現するのが苦手な子(大人) 感情がすぐに体の症状として現れる子(大人)にも 短時間で高い効果を発揮します。

基礎講座は、脳の科学、人間の心のしくみを ゲームやワークで体感しながら、これまでの養護教諭が行ってきたアプローチの科学的根拠を理解します。これをベースとして基本的な手法を学、翌日からすぐに役立つ概念やスキルが学べると大好評の講座です。

落ち込んでいる子が5分で 気持ちを切り替えて 教室へ戻っていく・・・
できない!無理!と言っていた子が 「やってみようかな」という気持ちになる・・・
これまで 長い時間を費やして関わっていたアプローチが 脳のしくみを活用することで 驚くほどの短時間で 変化が起きます。
そして 何より 養護教諭さん自身が 養護教諭としての自分に「OK」を出して 自信を持って 対応するための 大切な概念とスキル。。。!

ぜひ ぜひ 手に入れてください。

≪保健室コーチングが育てる生きるチカラとは?≫

○自分の中に可能性があることを感じることができる
○自分には価値があると感じることができる
○人生はチャレンジする価値があるものであり、そのチャレンジのためのやり方、方法を自分で考え、計画し、行動することができる
○苦しい現実やチャレンジングな状況に対して、自分自身の見方やり方考え方を変えることができる
○周りに期待するのではなく、自分自身から環境(自分以外のもの)に働きかけることができる。

≪保健室コーチングにおける人間理解とは・・・≫

名古屋会場(平成25年8月) のようす 

養護教諭だからこそできるからだからのアプローチ。
脳の理論、教育キネシオロジーの概念に基づいて、体からの働きかけて不安を取り除きます。
保健室コーチング基礎講座 体からのアプローチ

身体に働きかけるアプローチ 不安を取り除きます。

無事終了いたしました。
ご参加ありがとうございました。
お申込み受付開始までしばらくおまちください。

予約終了開催日

  • 2014年3月29日(土)・30日(日)[予約締切]

会場

いわて県民情報交流センター「アイーナ」(岩手県盛岡市)

時間

10時から17時

受講料

1日目のみ10,000円  2日間  20,000円     ※ペア割引  ・1日目のみ受講 2名で 18,000円  ・2日間受講 2名で34,000円      ※基礎講座修了生  1日につき 6000円     ※ベーシック修了生  1日につき 2000円   

定員

24名

講師

桑原規歌(米国NLP協会認定マスタープラクティショナー/元 養護教諭/PX2ファシリテーター/保健室コーチングマスタートレーナー)

こんなあなたのために

◆カウンセリング技術とコーチング技術の両方を保健室で活かしたい
◆気持ちを受け入れるだけでなく、行動化に向かうアプローチを身につけたい
◆子どもたちに感情移入しすぎて自分が苦しくなることがある
◆子どもたちの問題の本質を見極める力をつけたい
◆養護教諭としての自分にもっと自信をつけたい
◆子どもたちの問題だけでなく、成長そのものに積極的にかかわりたい
◆多忙の中で自分を見失いそうな気がする

この講座で得るもの

■保健室コーチングとNLPの概略
■アプローチの2つの戦略
■子どもが抱えている問題や課題を脳科学的に理解する(ゲームとワーク)
■脳のシステムを利用した効果的なラポール(信頼関係)づくりと観察力の強化
■支援者の状態とクライアントへの影響を体感する
■子どもたちの五感の使い方の特徴とアプローチの方法
■NLPの言語概念を理解し、観察力と直観力で、コトバのトリックを聴き取る「脳科学傾聴」
■子どもが意欲を高める脳とことばの使い方
■焦点を変え、思い込みを解除する効果的な質問
■体感アプローチによるリフレーミング法
■短時間で気持ちに変化を起こすフィジカルアプローチ
■ほめるのではなく、承認する (存在承認=スポンサーシップ)

TO TOP