HOME > 投稿 > 【終了】保健室コーチングベーシックコース名古屋6期
Print This Post Print This Post
2014年9月開催

【終了】保健室コーチングベーシックコース名古屋6期

保健室コーチングは 一般的なコーチングとは 違います。

カウンセリングも  コーチングも  看護的ケアも視野に入れた 科学的なアプローチ。

背景理論は NLP心理学 脳科学 認知行動学 コーチング理論 カウンセリング理論。 癒しや心理療法ではなく 、「個に内在するチカラ」を引出し 自分の力で解決し 人生を自分の力で歩いていくための教育的アプローチです。
ベーシックコースでは、言語、フィジカル(身体)、体感の3つの視点からのアプローチを行い、言語アプローチが機能しにくい低年齢の子どもや 気持ちを表現するのが苦手な子どもたちにも 対応できるよう取り入れた様々な手法をお伝えします。

ベーシックコースは、入門講座や基礎講座では学べない「深い人間理解」を体得できることが最大の特徴です。

受講される方々が これまでまったく心理療法やコーチング等を学んでいなくても、日常で経験的に感じてきたことを、すとんと腑に落とす体験とともに「なぜそうなのか」を理解できるようになります。

逆に たくさんの学びをしてきた方にとっては、一つ一つの理論やスキルを「深い人間理解」という視点で束ねることができます。

つまり、これまでバラバラになっていたスキルや概念が、すっきりと線で結ばれ、それぞれが意味を持ってしっかり機能するようになるのです。

保健室コーチングを受講される方が 養護教諭さんだけでなく、看護師さんや保健師さん、一般の先生、子育てママさん、プロコーチ、カウンセラーさんが 受講される大きな理由です。

 

    

 【脳の科学と無意識の相互作用を理解するベーシックコース】

人間は五感でデータを脳に入力。 それを脳内で情報処理することで その人独自の ことばを使い 行動をします。

同じデータを入力しても 脳内で情報処理するプログラムが違うと 違う言動となって現れます。

結果としての「言動」に対してのアプローチをすることも 教育の現場においては 有効ではありますが、それを作り出す「プログラム」そのものにアプローチをかけない限り 同じようなパターンを繰り返してしまうことも。

わたしが養護教諭時代にも 一度解決した問題と同様のパターンで再度 相談に来るということも多々ありました。

保健室コーチングでは、この「言動」「繰り返す問題パターン」を作り出すプログラムそのものにアプローチをし 結果として「変化」を起こします。

ベーシックコースでは、単にスキルを学ぶのではなく、スキルを使う人間としての「状態管理」の大切さも学びます。

そこには、人間と人間が関わる時に、生み出される無意識レベルの相互作用(複雑系・心の生態系)があります。

ベーシックコースでは、こうしたコトバにならない「非言語の知恵」「暗黙知」を、深いレベルで体得することができます。

 

 

 

保健室コーチングは 2013年から さらにバージョンアップ!

「脳の科学とコトバ、ココロ、行動の関係性」「状態、パフォーマンスと五感の関係性」「脳とカラダの関係性」「思考、想いと現実生成の関係性」を 学びながら、これまで以上にシンプルに そして、子どもたちが楽しみながら取り組むことができるスキルをお伝えします。

あなたも「初級保健室コーチ」の資格を取得し 教育職としての養護教諭のアプローチを 現場で活用してみませんか?

無事終了いたしました。
ご参加ありがとうございました。
お申込み受付開始までしばらくおまちください。

予約終了開催日

  • 平成26年9月27日28日 10月18日19日 11月29日30日 10時~18時(欠席の際は他会場または次年度に補講ができます)[予約締切]

会場

9/27.28名古屋港湾会館 10/18.19伏見レンタルスペースcomini 11/29レンタルスペースcomini 11/30名古屋市港湾会館 

受講料

【毎月1万円からの分割が可能となりました】

受講料132,000円

※早期割引 125,000円 (8月10日までのお申し込み)

※基礎講座二日間修了者  120,000円

※3日間集中講座受講者  115,000円

※ベーシック再受講 40,000円

※分割払いをご希望の方は135,000円となります (12回払い 6回払い 3回払いのうち、ご希望を 申し込みのメッセージ欄にお書きください)

定員

12名

講師

桑原規歌 (米国NLP協会認定マスタープラクティショナー/元 養護教諭/PX2ファシリテーター/保健室コーチングマスタートレーナー)

こんなあなたのために

・子どもたちが抱える問題が多様化し、その対応方法に悩んでしまう・・・。自分のやり方に確信が持てない
・問題を抱える子どもたちだけでなく、前進しようとしている子どもたちのエンパワーメントの手法を身につけたい。
・仕事における交渉力やコミュニケーション能力を高める方法を探したい!
・すぐに落ち込んで、仕事への自信をなくしてしまう。
・自分に自信を持つ方法を知りたい!
・教育職としての養護教諭の在り方に迷いを感じている、またはもっと明確にしたい・・!
・多忙化の中で、自分自身の状態をコントロールしたい!
・養護教諭の指導的立場として、地区の養護教諭の力を引き出すより効果的なかかわり方を知りたい!

この講座で得るもの

●状態や感情を決定づける内的条件の理解と教育的視点からの問題の把握と支援の手順

●無意識レベルの相互作用を体感するワーク、支援者の状態、想いが引き出す影響と具体的な状態管理法

●不合理な行動を引き起こすプログラムの影響の軽減 解除の方法

●「カウンセリング傾聴」から「脳科学傾聴」へのシフトの方法

●「できない!」「無理!」を「やってみよう」「できるかも」にかえる画期的アプローチ法

●問題をチャンスに変える教育的言語の使い方

●自分自身の「願いの源泉」の明確化

●効果的な職場コミュニケーション(苦手な人への対応/交渉術など)

●「自己肯定感」を掘り起こす

●授業でも使える楽しいワークやネタ

 

TO TOP